旅程未定

瀬戸内海を飲み干したい

1クールに1回嫁を変えたと報告するオタクは御祝儀目当てに離婚を繰り返している可能性が非常に高い

皆さんごきげんよう



生きてます



突然ですが平日の昼下がりに世界の真理に辿り着いてしまったのでご報告させて






-----------------


その日の仕事が一通り片付いた15時前




話は突然切り出された






「そういや俺結婚したんだよね」







昨晩見たテレビ番組の話題でも振るようなテンションで告げられた




大変めでたいことじゃない



普段はひねくれにひねくれを重ねるひねくれ男だが、こういうめでたい時には素直に祝うべきである








「だからさ、御祝儀寄越せよ」








話は変わった




幸せな連中に払う金など1銭も1㌣もない




リア充は側溝に片足落ちて残念な気持ちになれ










「まあまあ、〇〇も結婚して御祝儀かき集めりゃいいじゃん」






・・・ご祝儀のために結婚する奴なんていてたまるかよ

常習犯なら結婚しては離婚してを繰り返してご祝儀を貰ってるのだろうか






どうやら日本では離婚してから3か月*1は再婚できない*2らしい







身の回りに3か月ごとに結婚してる人なんています?





季節が変わるとともに嫁も変わる人・・・











あ、TLに居る



1クール毎に嫁の変わるオタク



あんたらだったんか・・・










『流行りのきらら系アニメのキャラアイコンは信用ならん』*3と思うそこのあなた、


その勘は間違っていないぞ*4




表面上は3か月で冷めているように見える嫁への愛



実はご祝儀を回収し終えたら1日もしないうちに離婚して


次の収穫シーズンを待っているのである






ほら、あなたの周りにも

*1:正確には離婚した日から起算して100日間 民法733条

*2:いろいろ例外はあるけど仕事の合間の雑談レベルなので勘弁してやって

*3:主観であり偏見

*4:根拠なし

ふろ

私が風呂に浸かったあと

73%くらいの確率でやることがあります





湯船で体育座りをしたまま風呂の栓を抜くのです


すると水位はみるみる下がり、翌月請求される下水代がみるみる上がっていきます



水位が下がると、浮力に包まれて忘れていた約0.1tの自重が私の元に帰ってきます






そしていつもよりも重い感覚になった身体を両手で持ち上げ、浴室を後にします。








うぉっ     寒っ

讃岐七富士制覇録 第3回 讃岐富士(飯野山)

ごきげんよう 第2回から1か月ちょっと間隔が空いてしまいました 

 

↓前回true3014.hatenablog.com

 

おさらい

山に登って下りてうどん食べて登って下りました

 

その続き

 

 

 

 

 

2018年3月14日水曜日 14時半頃

 

 

f:id:true3014:20180506152244j:plain

堤山から10分ほど走ると、その山は見えてきます

 

中讃、いや、讃岐のシンボルともいえる*1飯野山

 

 

360° どの方角から見ても美しい円錐形の山の存在感は、実際にその場に居ると写真で見る以上に伝わってくる

 

 

 

 

 

 

◆ここで一杯:純手打うどん よしや

 

食べに行ったのは山に登った日とは別の日ですが、讃岐富士のふもとにあるのでここで紹介

 

 

讃岐富士の山頂から7時半くらいの方角に1.1km

ジャンプ力に自信がある方は頂上から跳ばれてみるといいかと思います

 

 

f:id:true3014:20180614002544j:plain

この距離感!

 

(伝わりづらい)

 

 

 

f:id:true3014:20180614001813j:plain

〈冷〉肉ぶっかけ 小 450円

まずは麺に注目

 

機械に頼らない”純”手打の麺は、1本1本が不揃いで食感に変化があって楽しい

 

 

 

今度はお肉に注目

 

ただの豚ではありませんよ

 

 

讃岐もち豚というブランド豚です

 

 

ブランドって言われるとさあ、おいしく感じちゃうよね。

(多分ほんとに美味しいんだと思います)

 

 

 

 

 

 

 

 

山のお話に戻ります 

 

 

飯野山には主に3つ*2の登山口があるようです

 

 

 

今回は1番分かりやすそうな丸亀市の野外活動センターの登山口(飯野町登山口)から登っていきます

 

 

飯野山登山口」の案内看板に従って、裾野に造成された閑静な住宅街を抜ける

 

 

砂利道になってしばらく走るとそれなりの台数が止められる駐車場があります

 

 

f:id:true3014:20180614195017j:plain

 【けっこい】  〈讃岐弁〉 美しい。きれいだ。

                          出典:全国方言辞典 

 

 誇張でも何ともなく、美しく綺麗な山なのです。守っていきたいものです。

 

 

f:id:true3014:20180614201617j:plain

綺麗なトイレも整備されてます

 

讃岐七富士の筆頭としての貫禄を感じる

 

f:id:true3014:20180614201457j:plain

さあ、登っていきましょう

 

 

 

 

 

なだらかな坂道を登っていくと三合目の最初の分岐点に着きます

 

 

f:id:true3014:20180614203009j:plain

3合目の眺望 正面の小高い丘が丸亀城

 

 

 

まだ先は長い

f:id:true3014:20180614202610j:plain

右に曲がって頂上を目指していきませう

 

 

 

 

 

再び坂を歩くとすぐに4合目に着きます

 

f:id:true3014:20180614204658j:plain

人懐っこいぬこ様がお出迎え

f:id:true3014:20180614204749j:plain

f:id:true3014:20180614205134j:plain

4合目からの眺望

田畑、住宅、そして隙間を埋めるように溜池

 

これぞ讃岐平野といった景色が平たく広がります

 

 

 

 

f:id:true3014:20180614205628j:plain

6合目の眺望

南側の山々を望む

 

最初に登った高鉢山(綾上富士)、そして堤山(羽床富士)が見えます

f:id:true3014:20180616233018j:plain

画像めっちゃ汚い

レンズの汚れ?虫?

 

 

 

讃岐富士をぐるーっと反時計回りに登っていきます

 

 

全体を通してよく整備された登山道

距離は少し長めだけれど、勾配はゆるく、初心者の私でも楽々登れます

 

 

 

f:id:true3014:20180614211503j:plain

昼下がりの木漏れ日が心地よい

 

 

登山道が山の北側へ回ってくると景色が開けてきます

8合目の展望台

f:id:true3014:20180616232628j:plain

欲していた景色がここにあった

 

いざ語ろうとすると思うようにまとまらないので何も言いません

 

 

 

 

再び歩き出したら山頂はもうすぐ

 

 

 

 

f:id:true3014:20180617003707j:plain

標高422m、讃岐富士こと飯野山の山頂に着きました

これで讃岐七富士のうち、3つの山に登頂

f:id:true3014:20180617012512j:plain

f:id:true3014:20180617020851j:plain

f:id:true3014:20180617012536j:plain

f:id:true3014:20180617012538j:plain

昭和天皇が詠まれた歌の石碑があります

この美しい山を見れば、歌の一つや二つ、浮かんできても不思議ではありません

 

僕は浮かびませんでした

 

 

 

それにしても「暁尓古萬遠東ゝ免天見わた世は 左ぬ幾能婦之に雲所閑可礼流」、難解すぎて初見で読まされたらどんな歌か全くわかる気がしませんね

もはや文字化けを疑うレベル

 

 

 

f:id:true3014:20180617033308j:plain

これまで登った3つの山、そしてこれから登る4つの山に思いを馳せながら参拝

 

 

 

f:id:true3014:20180617033838j:plain

ベンチで少し足を休めて、来た道を戻る

 

 

 

 

 

 

駐車場を出て丸亀市街地方面へと向かう

 

丸亀の店舗でレンタカーを返却して、駅前のビジホにチェックイン

 

 

これで1日目はおわり

 

残る山は

・六つ目山(御厩富士) ・白山(三木富士)

・爺神山(高瀬富士)  ・江甫草山(有明富士)

 

 

 

 

今回の四国滞在は7日間

ここで書き連ねてる讃岐七富士制覇に加えて、TSE定期最終列車、ゆゆゆ聖地巡礼、うどん などなど

 

いろんな目的をごちゃまぜにして、段々収集つかなくなる

時間と資金がいくらあっても足りないね

*1:筆者の独断による

*2:北側:坂出登山口、西側:飯野町登山口、南側:飯山町登山口の3か所

讃岐七富士制覇録 第2回 羽床富士(堤山)

 

前回↓

true3014.hatenablog.com

 

 

おさらい

 

前回は綾上富士に登りました

そんで下りました

 

 

 

運動の後にはうどんが食べたくなるのです

 

食べましょう

 

 

 

 

くねくねっと山を下って讃岐平野に出ます

フットブレーキってこんなに使っていいんだっけ・・・?

などと考えながらもATのエンジンブレーキは効く気配を見せず 

 

 

平野に出ると平坦でまっすぐな道

初心者にはありがたい

 

 

 

そうこうしてる間にお目当てのうどん屋が見えてきましたよ

 

 

 

 

◆ここで一杯:本格手打うどんセルフ はゆか

f:id:true3014:20180428000833j:plain

羽床富士のふもとにお店を構える

 

平日の昼間に店外まで行列ができる人気店

f:id:true3014:20180428001746j:plain

冷 肉ぶっかけ 大 620円 ちくわ天 100円

もっちりとした太い麺は存在感抜群

行列に並ぶ価値アリ

 

 

 

さて、腹ごしらえも済みましたし、お山に登りましょ

 

少し車を走らせてもう少し山に近付いて行きます

 

 

 

 

登山口について少しは調べてきたものの、実際に来てみるとイマイチ場所が分からない

 

こういう時はさっさと地元の方に聞いちゃうのが早い

 

 

水分の確保もかねて、麓の酒屋さんで情報を教えていただく

(酒屋の前の自販機でお茶を買おうとしたけど不具合で買えず、店内で購入したついでに聞いた)

 

 

 

酒屋の脇の細い道を進んでいった先、お墓の奥から登山道が始まるようです

駐車場はないので、道の広めな箇所に停めさせていただく

 

 

f:id:true3014:20180428003830j:plain

山がきれい

水がきれい

 

 

 

 

ということで2つ目の山は堤山(つつやま)

誤植ではなく、つつまやまと読む*1

 

別名は既に何回か触れている通り、羽床富士(はゆかふじ)

ことでん琴平線羽床駅から登山口までは(迷わなければ)徒歩10分とアクセス良好

 

南北方向に市境が走っている

西が丸亀市、東が綾川町

 

標高は201mと小振りながら、その整った形は七富士の中でもトップクラス

本家讃岐富士の飯野山に負けず劣らず

 

 

 

f:id:true3014:20180504001458j:plain

墓地を通り抜けた先にありました 登山口です

 

f:id:true3014:20180504001735j:plain

 地元の方々によって、植樹や登山道の整備が行われているようです

f:id:true3014:20180504001944j:plain

 

 

この箱の様なモノで作られた段差、とても登りやすい

大変ありがたいですな

 

 

 

 

f:id:true3014:20180504002515j:plain

登山口から10分程で頂上に到着

 

 

小屋のほうに近づいてみると、先客の方が3名

 

 

挨拶をすると、

「あれ、さっき高鉢山で会った子じゃないか?」

と返された

 

 

高鉢山の頂上には10人くらいいたけど、その中にいらっしゃったっけ???

 

そんな感じで記憶を呼び戻していると、

 

 

「ほら、高鉢山のほうで道譲ってくれた子だよ」

 

 

!?

 

 

え、あのときすれ違った白のミニバンの人!?(第1回参照)

 

 

 

まさかの再会で頭が追い付かない

 

 

 

 

小屋に座るよう勧めていただいたので腰掛ける

 

 

 

高鉢山の時と同じような会話から始まる

やっぱ平日の昼間に里山に登る学生は異質らしい

 

 

 

話題は讃岐七富士制覇を目指している話へ

 

 

 

次に飯野山(讃岐富士)に登るとを話すと、老紳士が立ち上がった

ふかふかの落ち葉を踏みしめて、山の北西側に案内される

 

 

そこから見えたのは、田畑とため池を散りばめた讃岐平野の中で、一際高く、そして美しい山だった

f:id:true3014:20180504005343p:plain

この時の眺望を写真に収めていなかったのが後悔

ここはGoogleEarth先生に頼る

 

 

こんな景色の中で暮らせたら、と思う*2

 

 

 

話題は変わって翌日登る予定の、六ツ目山(御厩富士

 

 

 

こちらの老紳士、六ツ目山の麓の檀紙地区にお住まいだそうで、いろいろと話してくださいました

 

このお話は、また六つ目山の記事の時に語らせてもらいましょうか

 

 

 

今度は小屋に置かれた四角いお菓子の空き缶を手に取った

 

ふたを開けてノートとペンを取り出すとそれを私に差し出す

「せっかく千葉から来たんだから、これ、書いていきなよ」

 

こういうノートのことを何と呼ぶのかはわからないが、登山者が記入する記録帳のようなもの

 

 

ペンやノートがきれいな状態で置かれていることは、それを整備する人がいる、ということ

 

こういったところで山の親しまれ方が見えてくるんだなぁと感じられ

 

 

ノートには讃岐七富士制覇を目指す旨を記入

内容に興味がある人は堤山、登ろう!

 

 

「若い子に途中で追いつかれちゃうかもしれないね」

3名の先客がそう言って下山していくのを見送ると、小さな山の頂上は普段の静寂に包まれる

 

 

あまり広くはないが、山頂を散策してみる

 

 

f:id:true3014:20180506030909j:plain

f:id:true3014:20180506024218j:plain

f:id:true3014:20180506024646j:plain

愛媛の石鎚神社、徳島の剣神社の分社が 1粒で3度おいしい

f:id:true3014:20180506024605j:plain

 

f:id:true3014:20180506024250j:plain

賽銭を入れて参拝

 

皆さん、神社とかで手を合わせてるとき、どんなこと考えてるんでしょうね

 

僕は「おじゃましてます~」くらいしか考えてません

鳥居をくぐる時も同じ

 

 

さっき触れたノートが見えますね

缶の上に置いてあるのは忘れ物の帽子 持ち主はもう一度登ってきなさいスタイル

 

f:id:true3014:20180506025435j:plain

 

f:id:true3014:20180506025438j:plain

f:id:true3014:20180506025449j:plain

標高の表記に割とバラつきがある

四捨五入して202mと記載されているものもありましたね

 

 

 

 

さて、ここの居心地がよくて根が生えそうですが、下りましょう

 

 

歩きやすい登山道を、駆け下りてしまわないように気を付けながら

 

 

 

 

 

次回>>> 「讃岐七富士制覇録 第3回 讃岐富士(飯野山)」

 

 

 

そんじゃまた

 

*1:変換できないから「つつみやま」で入力してる ごめんね

*2:思うだけならタダ 住むとなるとやっぱり違う

讃岐七富士制覇録 第1回 綾上富士(高鉢山)

2018年3月14日水曜日、午前9時30分

 

f:id:true3014:20180427000516j:plain

地球の果てにでも向かってるのかと思うほど遠い、成田空港第3ターミナルから銀色の機体に詰め込まれること1時間20分

 

うどんの国の山の中、高松空港に降り立った

 

f:id:true3014:20180426234230j:plain

 

 

この山の中の空港からの脱出方法は3つ

 

・バス

・お車

・徒歩

 

今回はレンタカーで脱出

 

 

 

しかし計画性のないこの男、レンタカーの予約をしないまま現地にやってくる

 

 

空港のロビーでレンタカーの店舗に電話

無事禁煙車を1台抑えられました

f:id:true3014:20180425232442j:plain

免許取得2日後、初めて運転したのは香川県の見知らぬ土地でした

 

 

 

 

 

 

 

 

高松空港から高鉢山の登山口への道を調べてみると、両地点を直線で結んだ中間地点あたりに「高山航空公園」なるものが

 

 

どうやら離着陸する飛行機を見学できる高台の公園のようです

せっかくだから寄ってみましょうか

 

 

細くくねった山道を登って航空公園へ

 

 

高山航空公園

 

f:id:true3014:20180426000819j:plain

f:id:true3014:20180426001733j:plain

f:id:true3014:20180426001501j:plain

T-2先輩

右奥に見えるお山がこれから登る高鉢山

f:id:true3014:20180426001414j:plain

 

なんか 練習機

 

f:id:true3014:20180426000938j:plain

貧弱な望遠ではキレイに撮れなかったけど、滑走路を正面から眺められます

f:id:true3014:20180426001237j:plain

エアソウルくん なんだかんだでまだお世話になってない

 

 

さて、寄り道もこの辺にして、高鉢山のほうへ向かいましょ

 

 

 

 

 

目印となる山角薬師堂の角を右に曲がって登山口へ向かう

 

ここから先は車1台分の幅しかない山道

 

対向車が来たら嫌だなぁ~~~~

 

 

 

 

なんて思いながら道を進むと、カーブの陰から白いミニバンがこんにちは

 

ヒィィ~~~~~

 

 

f:id:true3014:20180426003215p:plain

免許取りたてホヤホヤ2日目新米ドライバーは、煽られてるわけでもないのにビクビクしながら道を譲る

幸い、すれ違い場所はすぐそこ

 

 

上半身を右に捻ってバックし始めると、見事にわき腹がつった

 

 

様々な危機に瀕しながらも無事すれ違い

 

 

気を取り直して前へ進みましょ

 

f:id:true3014:20180426003717j:plain

白のミニバンを交わした後に見た綾上富士



 

 

f:id:true3014:20180426004412j:plain

レンタカーをまるで愛車のように愛でる

くねくね曲がった上り坂にテンションを高めながら、登山口となっている高鉢山キャンプ場に到着

 

 

f:id:true3014:20180426003907j:plain

f:id:true3014:20180426003948j:plain

今回は時間の都合で寄らなかった風穴は、日本の三大風穴の一つだとか

今更それを知って寄れば良かったと後悔

 

ちなみにキャンプ場は閉鎖されてます

宿泊はできないよ

 

 

讃岐七富士の記念すべき一山目は中讃地域の綾川町にそびえる高鉢山

別名の綾上富士は、合併前の旧町名である綾上(あやかみ)町から

 

標高は512mと、讃岐七富士の中で最も高い高鉢山

ただし山に囲まれているので登山口からの高低差は150m

足慣らしにはちょうどいい高さかな

 

 

f:id:true3014:20180426004906j:plain

手書きの看板が「絶景」と言ってるので行ってみましょう

 

 

f:id:true3014:20180426191148j:plain

 

以降の記事でも大体おんなじ感じですが、登ってる途中は基本的にカメラをしまってるので写真少なめ

 

下りで余裕があれば写真を撮る、といったスタイル

f:id:true3014:20180426005734j:plain

定期的に現れる〇合目の看板が登る気力を与えてくれる

 

 

f:id:true3014:20180426184645j:plain

九十九折の登山道はよく整備されていて、初心者の私でも無理なく登れる

 

 

f:id:true3014:20180426215822j:plain

標高512mの高鉢山の山頂

登山口から15分程度で着きました

 

 

小屋の奥から話し声が聞こえてきます

 

7,8名の先客の方がいらっしゃいました

いろいろ落ち着いて人生を謳歌してる感じな紳士淑女たちです

 

 

 

広めな山頂には、そこそこな大きさのテーブルとそこそこな数のイスが設置されてました

これもしっかり整備されてて山の愛され方が窺えますね

 

 

 

 

テーブルを囲んで談笑している方々に軽くご挨拶

 

すると、席をひとつ空けて座るように促してきます 大変恐縮

 

「どこから来たの?」

「遠くからよくこんなとこにきたね~」

「何しに来たの?」

「一人で来たの?」

「いくつなの?」

 

旅先で現地の方と話すときに頻出の質問集みたいになった

 

 

 

この辺の質問から始まって、話題は今回の旅の目的である讃岐七富士の話へ

「あぁ~、讃岐七富士ね。○○さん、全部言える?」

「いや、わかんねぇな~。ここ(高鉢山)と、飯野山と、堤山とか?」

 

お話してる間に、煎餅やみかんを頂く 大変恐縮

 

 

「せっかく来たんだから記念写真撮っていきなよ!」

そう言われて、一眼レフを老紳士に託す

 

一人旅ばかりしていると、自分の写った画像がほぼ無い

たまにはこういうのもいいだろう

 

 

公衆衛生に配慮し、画像の掲載は控える

 

 

 

 

 

f:id:true3014:20180426234544j:plain

登山口にて「絶景」と謳われた山頂からの景色

ぶっちゃけほぼ分からない

 

 

でも不満はない

 

低山、というより里山登山の醍醐味は地元の人たちとの交流にあることに気付けたから

 

 

そこに景色がついてきたらとても有り難い

 

 

 

なんだか臭いコメントを思いついたところで下山

登山道に戻ったところで思い出したのだが、車に鍵をかけ忘れていた

 

 

 

10分くらいで降りれたと思う 

 

 

 

車に戻って車内の荷物の無事を確認する

 

人気のない森の中で盗みを働くような人は居なかった

 

 

 

 

カーナビを起動し目的地を設定する

 

次の目的地は、堤山(羽床富士)

入力した目的地は麓のうどん屋

さっきの雑談の中で聞いたお店

 

 

時刻はちょうど12時

朝から何も食べてないからここらでうどんを食べなくては

 

 

そう決めてエンジンを掛ける

 

 

(つづく)

 

次回 「讃岐七富士制覇録 第2回 羽床富士(堤山)」

 

讃岐七富士制覇録 第0回

郷土富士って、ご存知ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

唐突な投げかけから始まりました、今回のシリーズ「讃岐七富士制覇録」

インドアなオタクの綴る登山記の様なモノになる予定です

 

 

 

 

 

 

 

日本各地に存在する「富士」の名を冠した山々

 

 

雪を被った姿が本家そっくり蝦夷富士

薩摩半島の南端の海に突き出た薩摩富士

八郎潟の真ん中の、標高0mの大潟富士

産廃が積み重なって山となった行徳富士

 

 

f:id:true3014:20180414001230j:plain

海越しに薩摩富士を望む

 

などなど

自然が生みだした見事な造形から、人間の負の遺産まで

あなたの身近なところにも郷土富士はあるかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな郷土富士、私がドハマりしてる讃岐の地にもあるという事を知りました

 

 

 

きっかけは丸亀城から見た飯野山。通称 讃岐富士

f:id:true3014:20180414011013j:plain

丸亀城より眺める日の出と讃岐富士



その美しいフォルムに惚れ、その山を調べていくうちに、今回の主題である讃岐七富士の存在に触れたのです

 

 

 

 

◆讃岐七富士

讃岐の国に散らばる山々、その中で代表的なもの7つをまとめて呼ぶ名が讃岐七富士

 

讃岐富士 飯野山  422m (丸亀市坂出市)

三木富士 白山   203m (三木町)

御厩富士 六ツ目山 317m (高松市

綾上富士 高鉢山  512m (綾川町)

羽床富士 堤山   202m (丸亀市綾川町)

高瀬富士 爺神山  227m (三豊市)

有明富士 江甫山  153m (観音寺市)

 

 

 

 

こんな感じの表を見た気がする

標高を見ると100mから500m程度のいわゆる低山

 

ここで、まともな登山経験のないオタクは思ったのです

 

 

 

 

 

 

この程度なら全部制覇できるんじゃね?

 

 

 

 

 

こんな失礼極まりない浅はかな考えから讃岐七富士制覇という目標が生まれたのです

 

踏み入った沼が予想よりも広く深いことに気が付いたのはもう少し先のこと

 

 

 

 

というわけで次回以降、7回に分けてそれぞれの山について語りますのでうどんでも食べながらお待ちください

 

 

ぞぞー

 

 

 

それでは✋

 

 

 

 続き↓

true3014.hatenablog.com

 

 

 

近況報告

平成30年度、あけましたおめでとうございました

 

 

4月になって何らかの変化が起きた人も少なくないのでは

 

 

私も生活がガラリと変わりましたよ

 

 

 

f:id:true3014:20180404225502j:plain

 

 

慣れない土地での一人暮らし

日々ドバドバと注ぎ込まれる知識と家事に板挟みにされながら

何とか生きてますので今後ともよろしくね

 

 

旅行記の更新に関しては、現状手元に画像データがないのでしばらく無理かな

実家に帰れたらデータ回収してきます

 

 

 

12月の山陽四国方面の旅行以来、韓国、中国香港、四国、四国、その他もろもろ・・・

と色々出かけてて、書きたいことは山々*1な状態

 

 

過去の記事でも読んで気長にお待ちくださいませ~

 

そんじゃまた

 

 

 

 

 

 

*1:文字通り”山々”の記事とか書きたいんです